ページの先頭です

歯と口の健康づくり

[2019年6月6日]

ID:802

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

歯と口の健康づくり

 歯と口は、食べる、飲み込む、話すなど、人間にとって基本的かつ重要な役割を担っており、生涯を通じて健やかで心豊かな生活を送る上で、歯と口の健康づくりは、非常に大切です。
 また、歯と口の健康は、全身の健康の保持・増進にも影響を及ぼすことから、歯と口の健康づくりは一層重要になっています。

町の歯と口の健康状態

【子ども】
 幼児および12歳児のむし歯有病率は、年齢が上がるごとに上昇しており、近年は県平均を上回っています。
 一人平均むし歯数<H29年度>は、1歳6か月児が0.067本(県平均:0.027本)、3歳6か月児は1.44本(県平均:0.58本)、12歳児は0.98本(県平均:0.76本)でした。
【大人】
 20歳以上の人で歯科医師による定期的なチェック(1年に1回)を受けている割合は38.5%(県平均:44.9%)<H29年度なら健康長寿基礎調査>、後期高齢者医療の『お口の健康診査』を受けた人の割合は10.6%(県平均:13.5%)と、予防活動を行う人は県平均を下回っています。

全身の健康は歯の健康から

むし歯予防の基礎知識

 最近の研究によると、むし歯は、ほぼむし歯菌による『感染症』です。ただし、そのメカニズムは複雑で、歯や唾液などの宿主因子や食べ物に含まれる糖質、時間が深く関係してむし歯ができます。
 むし歯菌の中で最も病原性が強いのはミュータンスレンサ球菌です。この菌は、赤ちゃんの最初の乳歯が生えた後に外部から侵入し、かなりの確率で定着すると言われています。

◎口移しは危険!!
 家庭内で、ミュータンスレンサ球菌の伝染が指摘されています。むし歯が多い両親や祖父母から乳歯が生えた後の赤ちゃんへの口移し、コップやスプーン、箸などの食器の共有や食べ物に息を吹きかけて冷ますことはできるだけ避けましょう。
 ただし、むし歯菌だけがむし歯の発生原因ではないので、ミュータンスレンサ球菌の伝染=むし歯ではありません。
 むし歯菌の量や質に加え、食生活、嗜好、口への関心度、口の清潔度など、そばにいる大人を見て子どもは育つことから、むし歯の発生には家族的傾向が見られます。

◎基本は歯磨きから!

 ポイントはブラッ シング。

 まず歯磨きをしにくい所を集中的にケアしましょう。

 大人になると、忙しかったり、部分入れ歯になっていたりと、自分では気付かないうちに磨き残しができてしまうものです。特に歯と歯の間や奥歯、歯の溝など歯ブラシが届きにくいところは、むし歯の原因となる歯垢(プラーク)がなかなか取れないため、丁寧なブラッシングが必要です。

 また、歯ブラシ以外の補助器具(歯間ブラシ、フロスなど)の使用も考えましょう。どんなに、歯磨きが得意な人でも、1本の歯ブラシだけで完全に磨くことは不可能です。

◎ながら食べには注意!!

 ポイントは口の中の『酸』。

 私たちの口の中は、普段は中性(pH7.0)に近い状態に保たれています。それが、むし歯菌が出す酸によって酸性(pH5.7~6.2)になります。口の中が酸性になると、歯からカルシウムやミネラルが溶け出します。この状態を『脱灰』と言います。

 反対に、唾液がむし歯菌が出した酸を中和し、溶け出した成分を歯の中に戻してくれます。脱灰から約30分経つと、口の中は元の中性に戻ります。この働きを、『再石灰化』といいます。
 規則正しい食生活をしていれば、むし歯になる可能性は低くなります。ところが、何度も間食をして、中性に戻りかけた口の中を再び酸性にしてしまうと、 脱灰した歯が元に戻る暇がなくなり、やがてはむし歯になってしまいます。むし歯を予防するには、口の中をできるだけ長い時間、中性に保つことが大切です。

◎定期検診は欠かさずに!

 ポイントは、『毎日のケア』と『検診』。
 歯の健康は、残念ながら、自分だけでは維持することができません。信頼のおける歯医者さんを積極的に活用しましょう。
 定期的に検診を受け、むし歯予防や毎日のケアに役立ててください。

歯周病予防の基礎知識

◎歯と歯肉の境目をきちんと磨くこと!

 歯周病を予防するには、毎日の歯磨きで、歯と歯肉の境目の歯垢をきちんと取り除くこと、歯肉を刺激して血行を良くすることが大切です。
 まず、自分の歯肉をよく見てください。赤く腫れている、歯肉から血が出る、口臭が気になるなどの症状があれば、注意が必要です。どこが腫れているか、どこから血が出るか確認したら、そこに毛先をきちんと当てて磨きます。血が出ると、怖がって磨かなくなる人が多いようですが、恐れずに磨くことが大切です。きちんと磨いても出血が続くときは、歯医者さんに行きましょう。

お問い合わせ

高取町役場
福祉課 保健センター

電話: 0744(52)5111

ファックス: 0744(52)3351

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


歯と口の健康づくりへの別ルート