ページの先頭です

ダニ媒介感染症にご注意ください!

[2018年6月13日]

ID:444

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ダニ媒介感染症にご注意ください!

 北海道で国内5例目となるダニ媒介感染症(ダニ媒介脳炎・重症熱性血小板減少症候群・日本紅斑熱など)の、患者が確認されました。

 ダニ媒介感染症は、ウイルスを保有したマダニに咬まれることによって感染し、重症になると死に至ることもあります。人から人には感染しませんので、マダニに咬まれないように予防することが重要です

 国内でも、毎年ダニ媒介感染症が確認されており、マダニの活動が活発になる春から秋だけでなく、年間を通じた予防対策が必要です。

マダニの生息場所

 マダニは、野生動物が多く生活する場所、民家の庭や畑、あぜ道、草むらや山野などに生息しています。また、犬などのペットに付着して吸血します。(家庭内に生息するダニとは種類が違います)

マダニから身を守るために

(1)マダニが多く生息する場所には長袖、長ズボンを着用し、帽子や手袋、首にタオルを巻くなど、肌の露出を少なくしましょう。

(2)マダニが多く生息する場所では、虫除け剤を使用しましょう。

(3)犬などのペットは、動物病院でダニ予防をしましょう。

野外で活動した後は

(1)すぐに入浴し、体や頭をよく洗い、新しい服に着替えましょう。

(2)脱いだ服はすぐに洗濯するか、ナイロン袋に入れて口を縛っておきましょう。

マダニに咬まれたら

 もし咬まれた場合は、取り除いたりつぶしたりせずに病院で処置を受けてください。無理に引き抜こうとすると、マダニの体の一部が皮膚内に残ってしまうことがあり危険です。

 発熱、消化器症状などがある場合は、早めに病院を受診し、野山等で活動したことを伝えてください。


詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

高取町役場
福祉課 保健センター

電話: 0744(52)5111

ファックス: 0744(52)3351

電話番号のかけ間違いにご注意ください!