ページの先頭です

食生活改善普及運動「食事をおいしく バランスよく」

[2020年9月1日]

ID:1015

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

9月は食生活改善普及運動月間です!

基本テーマは「食事をおいしく、バランスよく」

 食事は私たちの健康づくりに欠かせない重要な要素であり、国が推進する「健康日本21(第2次)」で取り組みの強化が求められています。また、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う外出自粛の経験から、自宅での食生活改善の重要性が増しています。

 主食、主菜、副菜は、健康な食事への第1歩です。多様な食品から体に必要な栄養素をバランスよく取る秘訣は、毎日の食事で、主食、主菜、副菜を組み合わせて食べることです。


◆主食  ごはん、パン、麺類などです。炭水化物を多く含み、エネルギーの元になります。

◆主菜  魚や肉、大豆製品などです。おかずの中心となる料理で、タンパク質や脂質を多く含みます。

◆副菜  野菜などを使った料理で、ビタミンやミネラル、食物繊維などを多く含みます。

 本町の人は、色の濃い野菜(緑黄色野菜)の摂取量が足りていません。その前に、野菜摂取量そのものが不足しています。野菜を食べましょう‼
※1日必要摂取量:350g(内 緑黄色野菜120g)

「新しい生活様式」における栄養・食生活のポイント

 新型コロナウイルス感染症の予防対策として、健康な状態を維持することは重要です。主食、主菜、副菜を基本に、多様な食品を組み合わせたバランスの良い食事で、健康状態を良好に保ちましょう。

  1. 料理の盛り付けは大皿を避け、個々にしましょう。
  2. 特定の食品や栄養素を取ることで、感染予防ができるものではありませんので注意しましょう。
  3. 配食サービスを上手に活用することも一つのポイントです。
  4. 基礎疾患がある人や食事治療をしている人で、食生活に不安がある人は、医師や管理栄養士などの専門家に相談しましょう。

 

☆プラスワンポイント☆彡

 外出の自粛が続き屋内で過ごす時間が長くなると、活動量が低下し、体力が衰える危険があります。バランスの良い食事と適度な運動が大切です。家の中や庭などで体を動かし、定期的に体重を量って適正体重を維持しましょう。

新しい生活様式におけるポイントチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

高取町役場
福祉課 保健センター

電話: 0744(52)5111

ファックス: 0744(52)3351

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


食生活改善普及運動「食事をおいしく バランスよく」への別ルート