ページの先頭です

交通事故によるけがについて

[2017年9月26日]

ID:623

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第三者行為の治療に保険を使うには届出が必要です!

交通事故など、第三者の行為によって受けた傷病の治療費は、原則として加害者が負担すべきものですが、被害者の意志により国民健康保険を使用して治療を受けることができます。

その場合、治療を受ける前に住民課に届出が必要です。この届出により、国民健康保険が治療費を一時的に立て替え、後日、加害者に立て替えた費用を請求することになります。

ただし、届出前に示談が成立すると、その取り決めが優先され、加害者に請求できない場合がありますので、示談が成立する前に必ず届け出てください。


○届出に必要なもの

 ・印鑑

 ・保険証

 ・マイナンバーが分かるもの

 ・交通事故証明

 ・必要書類一式

  ★第三者の行為による被害届

  ★人身事故証明書入手不能理由書

  ★事故現場見取図及び発生状況書

  ★同意書

  ★誓約書


○国民健康保険による治療を受けられないケース

 ・業務中、通勤途中の事故による傷病

 ・けんかなど著しい不行跡による傷病

 ・自殺未遂や薬物中毒など故意による傷病

 ・加害者からすでに治療費を受け取っている場合

必要書類一式

誓約書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

高取町役場
住民課

電話: 0744(52)3334

ファックス: 0744(52)4063

電話番号のかけ間違いにご注意ください!