ページの先頭です

社会資本総合整備計画

[2016年5月30日]

ID:362

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

社会資本整備総合交付金

「社会資本整備総合交付金」は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に実施できるよう、国が地方公共団体に交付するものです。

国の平成24年度補正予算より、命と暮らしを守るインフラ再構築、生活空間の安全確保を集中的に支援する防災・安全交付金が創設されました。   

地方公共団体等が、社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合には、社会資本総合整備計画を策定し、国土交通大臣に提出・公表することになっています。       

社会資本総合整備計画

下水道

高取町では、整備計画を策定し、平成27年度まで事業を実施してきました。

この度、平成28年度から平成32年度までを事業期間とする整備計画を策定しましたので公表します。

計画が変更された場合は、変更後の最新の計画を掲載していきます。

高取町の快適な暮らしを実現する下水道整備の推進(第二次)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

社会資本総合整備計画への別ルート