ページの先頭です

農地法第3条の規定に基づく許可申請について

[2017年5月31日]

ID:223

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

趣旨

農地法第3条では、農地や採草放牧地についての権利の設定または移転を制限しています。

農地法が農地と採草放牧地の権利移動等を制限し許可制としているのは、現実に耕作目的がない者、あるいは資産保有や投機目的等耕作者として不適当な者が農地等の権利を取得することを規制するとともに、農業を主業にしようとする者など生産性の高い経営体によって農地等が効率的に利用されるよう誘導する趣旨にあります。

許可申請の要件

※農地を取得する方または借りる方は、次の要件が必要です。

  • 申請面積とあわせて10アール(1反)以上の農地を耕作すること。
  • 取得後も世帯員含め、農作業に従事することができること。 等々

上記のほか総合的に審査を行い「一定の基準」に適合する場合に限り許可されます。
また、新規就農者については、農業をする意志及び準備が整っているかを本人から直接聞き取りします。

許可

農地(田や畑など)を所有権移転または賃貸借権などを設定する場合は、農業委員会の許可を受けなければなりません。

許可申請に必要な書類
必要書類町農業委員会
許可
提出部数
事前審査書1
農地法第3条の規定による許可申請書1
申請地の土地登記全部事項証明書
(法務局)
1
申請地の公図・土地台帳付属地図
(法務局)
1
申請地までの通作経路図1
申請地の位置図1
耕作証明(受人)※町外のみ1
営農計画書(受人)1
営農誓約書(受人)1
住民票謄本(受人)・家族全員のもの1
住民票抄本(渡人)・本人のもの1
※吉野川分水受益地の場合は、大和平野土地改良区の「組合員資格得喪通知書」1
※使用貸借または賃貸借権などを設定する場合は、「契約書」の写し1
※小作地の場合は、小作農の「申請前6ヶ月以内の同意書」または「合意解約通知書」の写し1
※第三者の権利設定(抵当権や仮登記など)がある場合は権利者の「承諾書」1
※法人の場合は、法人登記簿および定款1
※農業者年金受給の場合は、「農業者年金被保険者証」の写し1
※その他農業委員会が必要とするもの1式

※場合によって添付が必要なもの。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

高取町役場
まちづくり課

電話: 0744(52)3334

ファックス: 0744(52)4063

電話番号のかけ間違いにご注意ください!


農地法第3条の規定に基づく許可申請についてへの別ルート